ホームへ 行事予定へ

日本野鳥の会 諏訪支部

塩嶺小鳥バス
---
塩嶺の植物たち

 樹木では常緑高木のアカマツやスギが、また落葉樹ではミズキ、コナラ、カエデ、クリ、ヤマザクラなどがあり春の新緑は美しい。地上にはスミレ類やフデリンドウなど愛らしい野草が可憐な花を咲かせます。

ヒゴスミレ


ヒゴスミレ(スミレ科)
 ハート型の葉が多いスミレ科の中で、この種の葉は5つに細かく裂けて風変わり。
ホオノキ

ホオノキ(モクレン科)
 広葉樹のなかでも最大級の葉。そして素晴らしい香りの花も直径15僂噺事。
トチノキ

トチノキ(トチノキ科)
 手指を広げたような大きな葉。トチの実はリスなど動物にとって大切な食料だ。
モミジイチゴ

モミジイチゴ(バラ科)
 モミジのような葉、白い花。6月下旬には実が熟し、黄色いイチゴが食べられる。
---
[前へ] [1] [2] [3] [4] [5] [先頭]
[ 小鳥バス トップへ ]